船橋市

船橋市の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

東京へのアクセスもよく、千葉県でも千葉市についで2番目の人口と世帯数を誇る船橋を紹介します。

船橋駅からは

  • 秋葉原駅:22分
  • 東京駅:24分
  • 品川駅:32分
  • 大手町駅:25分
  • 新宿駅:35分
  • 日暮里駅:26分
  • 京成上野駅:29分
  • 羽田空港第1ビル駅:44分
  • 成田空港駅:48分

今回は、その船橋市の不動産査定に紹介します。

査定のポイント

船橋市の不動産査定を行う上での

  • 相場の確認方法
  • 売却のタイミングはいつが良いのか?
  • 売却体験談

を紹介します。

不動産査定に関してはまず知っておかないといけないことは
不動産会社によっては、

    地域密着であったり

  • 強い地域
  • 弱い地域
  • 強化している地域

など様々だということです。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

船橋市の不動産査定・相場

近隣の動向や売買実績を確認することで、イメージもわきやすいでしょう。

船橋市の基準地価はこんな感じ
船橋 基準地価

詳細な地域を見てみると
マンション査定 船橋

参考:船橋市の公示地価マップ
>>自宅の詳細な相場確認はココ

船橋市の不動産ニュース

「船橋市(千葉)」の不動産は買い時か?

 近年、にわかに人気が高まっているのが千葉県の船橋市。全国的に知名度や人気の高い「吉祥寺」「恵比寿」「横浜」「目黒」あたりは地価が高く、資金的に余裕がなければ容易に購入できない現実もある。実際に買って住むとすれば、立地や価格、環境などのバランスの良さで選ぶしかない。そういう条件の中でポイントの高い街が、船橋駅を中心に発展する船橋市なのだろう。

吉祥寺の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

横浜の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

魅力的なポイントの1つが、街の中心となる「船橋駅」の利便性で、複数の鉄道路線を利用できることにある。JR東日本、東武鉄道、そして京成電鉄の3社が使え、乗換なしで東京駅へは最短24分、日暮里までが26分、秋葉原まで30分となる。通勤、通学で不便を感じることはなさそうだ。また、「船橋」駅のすぐ隣の「西船橋」駅も東京のベッドタウンとして知られ、3社5路線(JR東日本・総武線、地下鉄・東西線、東葉高速鉄道)が乗り入れる主要駅で、東京へのアクセスは船橋駅と並び抜群だ。

 船橋駅の北側には「東武百貨店」が直結し、「イトーヨーカドー」と連結するペデストリアンデッキは広くて待ち合わせもしやすい。一方、駅の南側は商業オフィスビルの「船橋FACE」があり、飲み屋街なども広がる。昨年閉店した西武跡地の再開発も期待されている。また海沿いにまで向かえば、「ららぽーとTOKYO-BAY」もあり買い物には便利だ。

 実際、船橋市の「市民意識調査報告書」(平成26年度)によれば、「住みよい」「まあまあ住みよい」と回答した人を合わせると約77%になる。定住意識に関しても高く、52.4%が「住み続けたい」と答えている。

住みやすい街として支持される船橋市は、現在63万人を超え、千葉県内では2番目に多い。人口増は2025年まで続き、その後は緩やかな減少へと転じると予想されている。東京のベッドタウンとしての認識があるものの、市内や千葉県内に勤務する人たちも半分近くいる。

船橋市は、市川市と比べられることが多く、従来は都心に近い市川市が注目されてきた。しかし、地価高騰の中で割安感のある船橋市が脚光を浴びているのである。「買って住みたい街」で上位にランクインするのも頷ける。ただし、人口のピークは2025年と見込まれており、不動産の資産価値は徐々に落ちていくことが予想されるだけに、「駅近」などの立地に特徴がある不動産を見極めることが重要だろう。
引用:ZAI

不動産査定 船橋

千葉県の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

百貨店跡地にマンション構想 旧西武船橋店・旧そごう柏店

千葉県内で閉店した百貨店の跡地活用が動き始めた。西武船橋店(船橋市)跡地には、高層マンションを主体に商業施設や市民ホールが入る複合施設の建設が検討されている。そごう柏店(柏市)も駐車場跡地で高層マンションの建設計画が浮上している。駅前ににぎわいをもたらす跡地利用に向け、事業者と市が協議している。

柏市の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

JR船橋駅南口すぐの旧西武船橋店(敷地面積約6600平方メートル)は2018年2月の閉店後、空きビルのままになっている。船橋市によると、再開発事業を手がけるセブン&アイグループが地上48階、地下2階建ての複合施設の建設を計画しているという。

大半が分譲マンションだが、地下1階から地上3階には商業施設を入居させる。4階から上に1000席規模の市民ホールを設け、市に貸し出す構想だ。

同社は市に対し、同じ建物内にあり、老朽化が進んだ市民文化ホールと中央公民館を合わせて売却し、売却益を新たな市民ホールのリース費用に充てることを提案している。ただ、市に対して中央公民館の移転先や費用に関する具体的な提案はまだない状態だという。

同市政策企画課は「公民館は稼働率の高い公共施設のため、具体的な提案がなければ検討を進められない。JR船橋駅南口側は市役所など主要施設の集まる市の玄関口。にぎわいを生みだす開発をしてほしい」。セブン&アイ・ホールディングスの広報担当者は「継続的に協議している」としている。
引用:NIKKEI

不動産査定 船橋駅

船橋駅前の旭硝子工場跡にあるこだわりマンションがすごい! 

東日本大震災を経て、集合住宅に求められているニーズも変わってきているようだ。ハード面だけでなく、ソフト面にもこだわったマンションが登場している。

 東武アーバンパークライン新船橋駅の目の前。17ヘクタールを超える旭硝子船橋工場跡地が、持続可能な街づくりの構想のもと生まれ変わったのが2014年7月に全体竣工した「ふなばし森のシティ」(千葉県船橋市)だ。約1500戸の住宅、ショッピングモール、銀行、病院、保育施設、公園や緑地を備えた街をつくるという大規模開発だ。フランス政府が推進する「エコカルティエ認証」(環境配慮型地区認証)をフランス国外では世界で初めて取得するなど、海外で高く評価されている。

 東日本大震災などを経て、以前より集合住宅に住むことのリテラシーが格段に上がっているとも感じている。災害時や緊急時には、コミュニティーがセーフティーネットになるといった意識が住民側にも芽生えてきた。マンション内コミュニティーを良好にすることには注力してきたが、「森のシティ」ではマンションだけでなく町全体を盛り上げていこうと「街づくり協議会」を作った。
引用:ASAHI dot

不動産買取 船橋

船橋市の不動産査定:今住んでいる不動産を査定してみよう!

船橋市の不動産相場は上昇傾向にあります。

今、売るつもりがない人こそ、

  • 所有の物件の現在の価値
  • 近隣の動向
  • 売買実績

を確認しておくことをおすすめします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

この記事を読む

▲ページトップに戻る