厚木市

厚木市の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

不動産査定 厚木

厚木市のイメージはどうでしょうか?

海老名とイメージがダブルという人もいるかもしれません。

”いきものがかり”のゆかりの地というイメージもありますね。

査定のポイント

厚木の不動産査定を行う上での

  • 相場の確認方法
  • 売却のタイミングはいつが良いのか?
  • 売却体験談

を紹介します。

不動産査定に関しては、一括査定をオススメします。

複数の不動産会社から査定をしてもらうことで比較が容易にできるからです。

不動産会社によっては、

    地域密着であったり

  • 強い地域
  • 弱い地域
  • 強化している地域

など様々です。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

厚木の不動産査定・相場

近隣の動向や売買実績を確認することで、イメージもわきやすいでしょう。

厚木の基準地価はこんな感じ
厚木の不動産査定

詳細な地域を見てみると
厚木 不動産査定

参考:厚木の公示地価マップ
>>自宅の詳細な相場確認はココ

厚木の不動産ニュース

神奈川県の本厚木駅周辺が今、新築マンション「激戦区」になっている

2019年冬、神奈川県の厚木市内、小田急小田原線本厚木駅から徒歩6分以内の場所で、新築分譲マンションが4つ、ほぼ同時に分譲を開始。三つ巴(みつどもえ=同じような力量のものが三者入り乱れて争うこと)ならぬ“四つ巴”状態が生まれている。

 このように、同じ場所で複数のマンションが同時に分譲される状況は、5年ほど前までは珍しくなかった。湾岸エリアでも、西葛西エリアでも、池尻大橋エリアでも起きた。しかし、新規分譲マンションの総数が減っている現在は少なくなった。

 複数のマンションが競合する状況は、昭和時代には「マンション激戦区」と呼ばれて注目された。「激戦区」では購入者にとって魅力的な状況が生まれたからだ。 

なぜ、「マンション激戦区」は魅力的なのか
 マンション激戦区は、たとえて言うと、原宿の竹下通りのように同種の商品を売るショップが密集しているようなもの。その商品を買いたいと思う人にとっては、一箇所で見比べながら買い物できる楽しさがある。価格競争の結果、値段が抑えられる。そして、購入検討者は「複数の物件が同様の価格設定なので、これが妥当な値段なのだろう」と納得もできる。利点が多いのだ。

 本厚木駅周辺は、今その「激戦区」になっている。

 もともと、本厚木駅周辺は、分譲マンションが多い場所ではなく、ここ4年ほど新発物件が出ていなかった。これは「需要が溜まっている」、つまり新築分譲マンションが出たら買いたいと思っている人が増えている状況といえる。ならば、新規物件を出してみようか、と不動産会社は考える。そこに複数のマンション用地が売りに出たので、4つ新築マンション、それも大規模ばかり4つがほぼ同時に分譲を開始することになった。

見事に性格が異なる4物件
 4物件は、同じ「本厚木のマンション」なのだが、異なる性格を持つ。三菱地所レジデンスとフージャース コーポレーションの「ザ・パークハウス 本厚木タワー」は本厚木駅から徒歩1分。駅前広場デッキと直結し、厚木市最高層となる地上22階建て超高層タワーマンションで、制震構造を採用する。これは、富裕層に好まれる“エリアNO1物件”の様相を呈する。価格未定だが、これまで本厚木で分譲されたマンションとしては最高額になるだろう。

総合地所の「ルネ本厚木」は、本厚木駅から徒歩6分で、今年春に新装オープンするイトーヨーカドーに隣接する買い物便利な立地が特徴。子育て世帯のための工夫を多く備えた「ファミリー志向」の強いマンションだ。

 「ルネ本厚木」は4物件のなかで最初に分譲を行い、昨年11月に行われた第1期80戸は、約60平米~82平米の2LDK+S(納戸)~4LDKが3438万円から5398万円だった。子育てファミリーの人気を集めて、即日完売。引き続き、好調に販売を続けている。
引用;Yahooニュース

不動産査定 厚木市

「本厚木」駅の市街地再開発事業を着工

本厚木駅南口地区市街地再開発組合、三菱地所レジデンス(株)、(株)フージャースコーポレーションは1日、「本厚木駅南口地区第一種市街地再開発事業」(神奈川県厚木市)を着工した。

 同事業では、駅前広場面積を3,460平方メートルから約4,270平方メートルへ拡張。安全で快適な歩行環境の向上、交通結節点の機能強化を目指す。

 併せて、商業・業務・住居の複合開発事業を実施。敷地面積約2,400平方メートル、延床面積約2万4,400平方メートル、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上22階地下2階建てを開発。地下1階に市営駐輪場等、1~3階には金融機関、医療施設、飲食店等を誘致する予定。
 4~22階は、内廊下を採用した総戸数163戸の分譲マンション。間取りは2LDK~3LDK、専有面積は約55~110平方メートル。角住戸率約46%を確保、ワイドスパン住戸を数多く配置した計画とする。制振構造を採用し、屋上には花火大会等が見渡せるスカイデッキを設置する予定。

 2018年秋頃モデルルームオープン、同年冬頃に販売を開始。竣工は20年11月の予定。
引用:不動産流通研究所

厚木の新たなランドマークへ 本厚木駅南口再開発プロジェクト

神奈川県の中央に位置し、大山や相模川など豊かな自然に恵まれ、江戸時代から交通の要衝としても大きな役割を担う厚木市。新東名高速道路の整備などにより、厚木市が担う首都圏への流通・業務機能はますます高くなると期待が寄せられている。

 本厚木駅は、周辺に商業施設やオフィスビル、文化施設などが立ち並び、1日に15万人もの人々が行き交う厚木市の中心市街地である。しかし、北口と比較して南口は歩行者・バス・タクシー・一般車両の動線が錯綜(さくそう)しており、駅前の好立地にもかかわらず、土地の高度利用が図られていない課題を抱えていた。長年の懸案事項であった南口の再開発事業が今年3月工事に着手され、本厚木駅は厚木の新たな玄関口として大きな変貌を遂げようとしている。
引用:カナロコ

厚木の不動産査定:今住んでいる不動産を査定してみよう!

厚木の不動産相場は上昇傾向にあります。

今、売るつもりがない人こそ、

  • 所有の物件の現在の価値
  • 近隣の動向
  • 売買実績

を確認しておくことをおすすめします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

不動産査定 厚木

この記事を読む

▲ページトップに戻る