藤沢市

藤沢市の不動産査定(辻堂・江ノ島)はこちらから:相場確認・売り時を考える

不動産査定 藤沢市

住みたい街ランキング2019で30位の藤沢市。

江の島、湘南、辻堂、オシャレな街が並びます。

ちなみに、隣接している自治体

  • 横浜市
  • 綾瀬市
  • 海老名市
  • 鎌倉市
  • 茅ヶ崎市
  • 大和市
  • 高座郡寒川町

今回は、その藤沢市での不動産査定方法、ポイントを紹介します。

査定のポイント

藤沢市の不動産査定を行う上での

  • 相場の確認方法
  • 売却のタイミングはいつが良いのか?
  • 売却体験談

を紹介します。

不動産査定に関して、まず知っておかないといけないことは不動産会社によっては、強味が違うということです。

  • 地場・地元に強い
  • ブランドマンションに不動産に強い
  • 賃貸マンションに強い・分譲マンションに強い
  • 毎月、強化している地域が変わる

など様々だということです。
よって、一括査定で広めに査定しておくことをお勧めします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

藤沢市の不動産査定・相場

近隣の動向や売買実績を確認することで、イメージもわきやすいでしょう。

藤沢市の基準地価
基準地価 藤沢市

詳細な地域を見てみると
不動産査定 藤沢市

参考:藤沢市の公示地価マップ
>>自宅の詳細な相場確認はココ

藤沢市の不動産ニュース

小田急/藤沢に専門店と百貨手融合「ODAKYU湘南GATE」

小田急電鉄と小田急百貨店は3月22日、神奈川県藤沢市の藤沢駅南口で小田急百貨店藤沢店を刷新した「ODAKYU 湘南 GATE」をオープンした。3月20日マスコミ向け内覧会を開催した。

1974年に開業し、顧客の高齢化による若年層の呼び込み、事業環境の変化への対応が課題だった小田急百貨店藤沢店を大規模リニューアルした。

2~7階に60の専門店が出店。地下1階、1階の百貨店ゾーンは「小田急百貨店ふじさわ」に名称を変更した。

地下1階食品売場、1階ブランドコスメ・婦人服飾雑貨で百貨店らしさを残し、従来の百貨店ノウハウと専門店の融合を目指す。

小田急リテール戦略部では、「専門店は、湘南らしさを体現するテナント、内装を取り入れた。カフェ、フードホールなど食の充実を図っている。60代以上の既存顧客に加え、40~50代、若年層も獲得できるよう、駅直結の利便性と居心地の良さを追求した」。

「今夏には、6階に藤沢市南市民図書館と市民ギャラリーが移転するため、来館者増を期待している」。

引用;流通ニュース

大和H、湘南でスマートウェルネスマンション

大和ハウス工業(株)は、(株)長谷工コーポレーションと共に開発を進める大型分譲マンション「プレミスト湘南辻堂」(神奈川県藤沢市、総戸数914戸)のうち、「AQUA Face(アクアフェイス)」(総戸数404戸)を2018年12月に竣工。19年3月16日の入居開始に先立ち、14日にマスコミ向け内覧会を開催した。

 「プレミスト湘南辻堂」は、JR東海道本線「辻堂」駅徒歩9分に立地。建設地は、日本電信電話(株)(NTT)の社宅跡地で、敷地面積約3万5,000平方メートル。湘南エリア最大規模の大型分譲マンションとなる。
 建物は、「AQUA Face」と「FOREST Face(フォレストフェイス)」の2棟で構成。住戸は、2LDK+S、3LDK、4LDK、専有面積約68~93平方メートル。スマートウェルネスシティの実現を目指し、AIやIoT技術を活用したヘルスプロモーションサービスを採用したほか、コミュニティ醸成などを促すさまざまな付帯施設を導入している。詳細は、17年1月26日のニュースを参照。

 今回竣工した「AQUA Face」は、敷地面積約1万8,121平方メートル、延床面積約3万8,347平方メートル。鉄筋コンクリート造地上14階建て。入居者同士の交流や、趣味の活動に利用できる共用施設が充実しており、アメリカ西海岸の海の家をモチーフとした入居者専用の「クラブカフェ」や、読書・創作活動の場として活用できる「クラブライブラリー」、ボルダリング設備を設置した「アリーナ(体育館)」などを設けている。

 17年12月に販売を開始。販売価格は4,500万~7,000万円台。坪単価は約230万円。平均専有面積は約72平方メートル。販売状況について、同社マンション事業部企画建設部企画課の西村寅造氏は、「現時点で、全404戸のうち230戸が成約済み。属性は、地元の藤沢・茅ヶ崎に居住し、30歳代のファミリー層やシニア層。“湘南ブランド”が評価され、横浜、武蔵小杉エリアなどからも引き合いがある」などと述べた。

 なお、「FOREST Face」は、20年12月に竣工、入居開始は21年3月下旬を予定している。

引用;不動産流通研究所

横浜の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

不動産査定 藤沢

辻堂に「津波避難ビル」指定のマンション

 東京建物(株)は、神奈川県藤沢市の「津波避難ビル」の指定を受けた分譲マンション「Brillia湘南辻堂海浜公園」(総戸数186戸)の津波避難施設を、周辺住民や報道陣に公開した。

 同物件は、JR東海道線「辻堂」駅徒歩20分、同「藤沢」駅バス13分バス停徒歩4分に立地する、地上5階建てマンション。(株)タカラレーベンとの共同事業で、2月下旬竣工済み。

 津波避難施設は、同市の補助金を活用し、建物屋上に設置。周辺の海抜は7.2m、避難施設の高さは約20m。建物周辺には、(独)都市再生機構(UR)の「辻堂団地」(総戸数280戸)や東京建物グループのサービス付き高齢者向け住宅「グレイプス辻堂西海岸」(総戸数158戸)などが隣接するが、最も近い指定避難所まで1kmあるため、大地震が発生し、大津波警報が出た際の避難場所として整備。マンション居住者だけでなく、近隣住民にも開放する。

 避難施設へは、周辺住民もアクセスできるよう、マンションの外階段を介して入る。最大収容人数は660人(同物件の想定住民数270人)。同日は、隣接する保育園や幼稚園の児童や近隣住民など約200名が訪れ、施設の説明を受けた。

 なお、同物件はこれまで約170戸が販売済みで、4期の販売準備に入っている。予定販売価格は3,400万~5,100万円。住戸は3LDK・4LDK、専有面積70~85平方メートル。津波避難施設であることから、1階住戸は完売しているという。
引用;不動産流通研究所

不動産査定 辻堂

藤沢市の不動産査定:今住んでいる不動産を査定してみよう!

藤沢市の不動産相場は上昇傾向です。

今、売るつもりがない人こそ、

  • 所有の物件の現在の価値
  • 近隣の動向
  • 売買実績

を確認しておくことをおすすめします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

この記事を読む

▲ページトップに戻る