赤坂

赤坂の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

不動産査定 赤坂

赤坂!赤坂!

  • 料亭!
  • TBS!
  • 繁華街!
  • コリアン街!
  • 見附!
  • ドンキが潰れた!(1つあるけど)

いろいろありますね。
というか、港区赤坂・・・・。
一生に一度は住んでみたいですね。

今回は、その赤坂での不動産査定方法、ポイントを紹介します。

不動産査定 赤坂

査定のポイント

赤坂の不動産査定を行う上での

  • 相場の確認方法
  • 売却のタイミングはいつが良いのか?
  • 売却体験談

を紹介します。

不動産査定に関して、まず知っておかないといけないことは不動産会社によっては、強味が違うということです。

  • 地場・地元に強い
  • ブランドマンションに不動産に強い
  • 賃貸マンションに強い・分譲マンションに強い
  • 毎月、強化している地域が変わる

など様々だということです。
よって、一括査定で広めに査定しておくことをお勧めします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

赤坂の不動産査定・相場

近隣の動向や売買実績を確認することで、イメージもわきやすいでしょう。

赤坂の基準地価
基準地価 赤坂
詳細な地域を見てみると
不動産査定 赤坂

参考:赤坂の公示地価マップ
>>自宅の詳細な相場確認はココ

赤坂の不動産ニュース

赤坂に「暮らし発想リノベーション」の初弾

株)リビタは11日、新たなリノベーションマンションシリーズ「暮らし発想リノベーション」の初弾となる「チュリス氷川坂」(東京都港区、総戸数109戸)707号室の竣工に伴い、プレス向け発表会を開催した。

 同物件は、東京メトロ千代田線「赤坂」駅徒歩6分に位置。1978年竣工の鉄筋コンクリート造・地上7階建て。その1室をリノベーションした。

 「暮らし発想リノベーション」とは、世代や世帯ごとに抱える暮らしの課題に対し、リノベーションで最適解を提案するもの。「自分のためだけにつくった住まい」だと感じてもらえるよう、暮らし方への共感や考え方を重視している。同社がこれまで手掛けた2,500以上のリノベーションの実績から、暮らしの課題と解決策を抽出。データベース化を進めるとともに、さまざまなアイディアを生かしていく。
 都心の人気エリアで展開し、高価格帯のリノベーション済みマンションとして商品化する。

 リノベーションした住戸の専有面積は76.44平方メートル。最上階で、屋外菜園やアウトドアリビングもできるルーフバルコニーと、その先にある氷川神社の豊かな緑を感じられるのが特徴。「『離・合・集・散』のふたり暮らし」をコンセプトに、ふたりで過ごす空間と、各々の過ごす時間を充たす住まいとしている。
 DKに接続したコーナー・ラウンジを部屋の中央に備え、二人の過ごす時間を提供。2ヵ所に9畳以上のリビングベッドルームを設け、プライベートな空間を演出。間取りは従前の2LDKのままだが、カーテンやガラス扉等で緩やかに仕切ることで、1LDKにも2LDKにもなる可変性をもたせた。

引用;不動産流通研究所

不動産査定 赤坂見附

赤坂BLITZがライブハウス営業終了へ 新たな街構想も

「東京放送ホールディングス(TBSホールディングス)」(同区赤坂5)が1月30日に発表した「赤坂エンタテインメント・シティ 構想」の中で明らかにした。同社はこの構想で、三菱地所(千代田区)と「国際新赤坂ビル」の再開発に向けた共同事業協定を締結したことを発表。10年後の竣工を目指す。

両社は、最先端の技術を駆使した体感型の集客施設や、サカス広場と連携して開催するメディアフェスティバル、メディア芸術系の人材育成やインキュベーションの取り組みなどを検討するという。具体的には、今年3月までに赤坂サカス及び周辺のリニューアルを行い、サカス広場を訪れた人がくつろいで過ごせるスペースに変える。その後は「マイナビBLITZ赤坂」を観覧機能付きスタジオに刷新し、TBSテレビが親しめる場にする予定。同社は敷地に隣接するビル「ザ・ヘクサゴン」を取得し、将来的にメディア先端領域に取り組むための戦略拠点を置くことを検討する。

 東京放送ホールディングス担当者は「赤坂に新たなエンターテインメント施設や、最先端の文化発信機能を拡充し、赤坂を『世界最高の感動体験を届ける街』にする」と話す。「放送事業を取り巻く環境が大きく変化する中、総合メディア企業として発展していくための、極めて重要な事業基盤形成の一つと位置付けている。本構想の実現により、当社の企業価値向上を図るとともに、赤坂を人々がもっと集まる賑わいある街にすることで、文化創造や地域社会の活性化に貢献していきたい」とも。

 営業終了時期は未定。

引用;赤坂経済新聞

赤坂 不動産査定

三菱地所とTBSが「国際新赤坂ビル」の建て替えで協定締結

三菱地所とTBSは、三菱地所が運営・管理する東京都港区赤坂の「国際新赤坂ビル(西館・東館・アネックス)」と隣接する国際新赤坂ビルの建て替えに向けた事業協定書を締結した。

赤坂駅に隣接する「国際新赤坂ビル」の再開発始動

締結に伴い、三菱地所は国際新赤坂ビルなどの閉館を決定し、三菱地所とTBSで、およそ10年後の竣工を目指し、共同で建替え計画を検討していく。

 建て替え事業では、国際的なビジネス拠点やメディア発信拠点として、“赤坂の新たな顔”となる象徴的な空間を創出する。赤坂通りを挟んで近接するTBS本社・劇場・ホール・商業施設などおよびメディア系企業の集積との相乗効果を生み出すための面的連携も考慮する。

 また、東京メトロ千代田線「赤坂」駅に直結する立地特性を生かした空間づくりや最先端の技術などを駆使した新たなエンタテインメント・サービスを体験することのできる施設の計画、ソフト・ハード両面から「メディアとリアルな都市空間が融合するエンタテインメント・シティー」を目指して検討を進めていく。

 今後は、協定を結んだ2社だけでなく、ノウハウ・技術を持つ多様なパートナーとともに推進してく旨を表明している。

引用;BUILT

赤坂の不動産査定:今住んでいる不動産を査定してみよう!

赤坂の不動産相場は上昇傾向です。

今、売るつもりがない人こそ、

  • 所有の物件の現在の価値
  • 近隣の動向
  • 売買実績

を確認しておくことをおすすめします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

この記事を読む

▲ページトップに戻る