名古屋市の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

名古屋市の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

不動産査定 名古屋

今、開発の著しい都市の1つ、それが名古屋。

リニア新幹線の開業も決定し、駅周辺の地価もうなぎのぼりという状態です。

今回は、名古屋市の不動産査定について紹介します。

査定のポイント

名古屋市の不動産査定を行う上での

  • 相場の確認方法
  • 売却のタイミングはいつが良いのか?
  • 売却体験談

を紹介します。

不動産査定に関してはまず知っておかないといけないことは
不動産会社によっては、

    地域密着であったり

  • 強い地域
  • 弱い地域
  • 強化している地域

など様々だということです。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

名古屋市の不動産査定・相場

近隣の動向や売買実績を確認することで、イメージもわきやすいでしょう。

名古屋市の基準地価はこんな感じ
基準地価 名古屋

詳細な地域を見てみると
不動産査定 名古屋

参考:名古屋市の公示地価マップ
>>自宅の詳細な相場確認はココ

名古屋市の不動産ニュース

名古屋市の商業地、6年連続で上昇 基準地価

名古屋の中心部、栄・伏見地区の再開発期待が商業地の地価を押し上げている。国土交通省などが18日発表した2018年7月1日時点の基準地価は、名古屋市の商業地が前年比6.5%上昇した。プラスは6年連続。名古屋駅周辺の再開発が一服し、オフィスやホテルなどの需要が栄・伏見地区に移った。27年予定のリニア中央新幹線の開業を見据え、商業地の上昇が続いている。
上昇率1位となった地点は錦通り沿いに立つ「名古屋鴻池ビルディング」。上昇率は24.8%と、全国でも5位に入った。愛知県の上位5地点をみると、2位の「名駅野村ビル」(24.5%、全国7位)を除く4地点が中区の栄・伏見地区。名駅のある中村区が4地点、中区が1地点だった前年とは対照的だ。区別上昇率は中区(16.0%)が中村区(12.2%)を12年ぶりに逆転した。

名駅周辺では南側の再開発地区「ささしまライブ24」に複合施設「グローバルゲート」が昨年、全面開業し、大型開発が一服した。オフィス仲介の三幸エステートによると、同エリアのオフィス空室率は8月が2.0%。「栄や伏見にオフィスを構え、名駅近くの優良物件の空きを待つ企業もある」(妹尾哲也名古屋支店長)という。名駅周辺の需給の逼迫感が栄・伏見地区の空室率低下にも影響する。

■マンションやホテルの需要も堅調

マンションやホテルの需要も堅調だ。建築費が高止まりするなか、マンション用地ではコストを上乗せしやすい都心部の土地が物色されやすい。ワンルームマンションやビジネスホテルの建設を競って価格が上がっている面がある。

栄・伏見地区では再開発の機運が高まっていることも地価押し上げの一因だ。老舗百貨店の丸栄が6月末に閉店。日本生命栄町ビル跡地には大丸松坂屋百貨店が商業施設を建て、中部日本ビルディング(中日ビル)は19年3月に閉館し建て替える予定だ。久屋大通公園の北側では民間資金を活用するPFI方式による整備計画もあり、周辺の土地取引が活発になっている。

不動産サービス大手のCBRE(東京・千代田)によると、栄・伏見・丸の内エリアを中心とする中型ビルの賃料は20年に18年比9.8%上昇し、1坪(3.3平方メートル)当たり約1万4000円まで高まるとみている。一方、名駅周辺が同2万5000円程度でほぼ横ばい。栄・伏見の相対的な割安感もあって、「賃料は上がり続ける」(大上英男シニアディレクター)との見方が出ている。

もっとも、名駅周辺の地価上昇が止まったわけではない。東京カンテイ名古屋支店の有馬義之ゼネラルマネージャーは「栄が名駅より勢いがあるというよりは一時的な動きだ」とみる。27年のリニア開業に向け、名駅周辺の再開発は続く。名駅周辺でも、主要道路に面していない地域は割安感もあり、取引が活発。「商業地の上昇の勢いは続く」とみる。
不動産査定 名古屋
■愛知の住宅地、6年連続プラス

愛知県の住宅地は0.6%上昇し、6年連続のプラスとなった。名古屋市は1.6%上昇と、前年より0.2ポイント高くなった。区別で最も高かったのは中区の9.0%。熱田区や中村区、西区など、中心部の上昇率が前年を上回った。まとまった土地の供給が少なく、マンション事業者の需要が集まりやすい。

市町村別では上昇率のトップが長久手市の3.9%。イオンモールやスウェーデン家具大手「イケア」といった商業インフラが整い、住宅購入のニーズが引き続き高い。2位以降は日進市(2.9%)、大府市(2.5%)、みよし市(2.3%)と続く。

県内住宅地の上昇率を見ると、2位と3位に豊田市が入った。「居住環境がよく、供給が少ないため、物件が出ると高値で取引される」(不動産鑑定士の小森洋志氏)という。トヨタ自動車グループを中心とする製造業が好調なことを背景に豊田市周辺の地域でも、戸建て住宅の根強いニーズが地価を押し上げている構図が続いている。

リクルート住まいカンパニーの不動産・住宅情報サイト「SUUMO」の池本洋一編集長は「名古屋駅にアクセスしやすいJR沿線の地域にも需要が集まっている」と分析する。単身や高齢者の世帯が増えるなか、駅前に商店などが集まっており利便性が高いためだ。一宮、刈谷、安城などは上昇率が前年を上回った。
引用;日本経済新聞

不動産買取 名古屋

名駅・栄の開発促進/リニア開業効果を想定

 名古屋市は、2019年度当初予算に名古屋駅周辺まちづくりの推進1800万円、名古屋駅ターミナル機能の強化5億0100万円、栄角地(錦三丁目25番街区)の民間活力による整備1700万円を計上する予定だ。27年のリニア中央新幹線開業による交流人口の増加を想定し、名駅周辺と栄地区の開発を促進する。 19年度からまちづくりの検討、駅前広場再整備の検討などに着手する。
 「名古屋駅前広場の再整備プラン(案)」などによると、名古屋駅前東側エリアと西側エリアに広場空間、民間活力を導入したターミナル機能を備えた拠点、名古屋駅につながる専用アクセス道路などを整備する方針だ。
 整備事業費は全体で2000億円以上となる見通し。今後、国などに財政措置を求める予定。
 また、栄角地(錦三丁目25番街区)では19年度から事業者提案募集に向けた募集要項の作成などを行う。
 導入機能は商業、シネマなどのアミューズメント、ホテルなど。
 商業機能は地下2階地上3階建て(5層)を想定。事業者は栄角地の隣接地を所有する大丸松坂屋グループと共同で複合施設を建設する。夏ころに市が公募型プロポーザルで事業者を募集する。24年度の竣工、開業を目指す。
 場所は中区錦3-25の市有地1822㎡と、大丸松坂屋グループが所有する土地3040㎡の計4862㎡。
引用:建設通信新聞

大丸松坂屋百貨店/名古屋・栄地区に商業施設を2024年オープン

大丸松坂屋百貨店は1月23日、名古屋市と、名古屋市中区錦三丁目25番街区内の同社および名古屋市所有敷地において、共同開発を実施すると発表した。
計画地(合計4862.96m2)の開発について、大丸松坂屋百貨店と市有地を購入した事業参画者とが共同開発を行う。

栄地区の中心地に位置することを踏まえ、J.フロントリテイリンググループが推進する「地域とともに成長するアーバンドミナント戦略」に基づき、松坂屋名古屋店、名古屋パルコとともにグループとしての相乗効果を図りながら、栄地区の賑わいと集客力の向上に貢献する。

大丸松坂屋百貨店は、商業専門店事業を行い、名古屋市は、魅力ある機能導入をすすめ、周辺道路、公園、地下街との一体性に配慮した、求心性・シンボル性のある再開発を目指す。

2022年度着工、2024年度竣工・開業を予定している。

今後、名古屋市が公募型プロポーザル方式により事業候補者を募集、2019年度中に事業候補者を選定する。

事業に関し、大丸松坂屋百貨店と名古屋市の開発条件を付して事業計画、市有地の売却価格の提案を受け、総合的に評価する。

2020年度を目途に、大丸松坂屋百貨店と名古屋市と選定された事業候補者の3者で基本協定を締結し、事業を推進する予定。

主な開発条件としては、大丸松坂屋百貨店は、地下2階から上層階に向けた低層部で商業専門店事業を展開する。

事業候補者の主な導入機能は、滞在・文化・学び・アミューズメントなどとする。

施設は、地下鉄施設、地下街施設と接続し、スロープ、エレベーターの設置によるバリアフリー導線を確保することを条件とする。
引用:流通ニュース

名古屋の開発が活気あふれているのがうかがえます。

名古屋市の不動産査定:今住んでいる不動産を査定してみよう!

名古屋市の不動産相場は上昇傾向です。

今、売るつもりがない人こそ、

  • 所有の物件の現在の価値
  • 近隣の動向
  • 売買実績

を確認しておくことをおすすめします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

不動産見積もり 名古屋

▲ページトップに戻る