福岡市内の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

福岡市内の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

不動産査定 福岡

今、注目されている街の1つ福岡。

中州、博多ラーメン、福岡ソフトバンクホークス、明太子、もつ鍋いろいろありますが、今後それ以上に注目されるであろうことが不動産です。

今、福岡の不動産事情は、街が舵取りをする形で活気に沸いています。

査定のポイント

福岡の不動産査定を行う上での

  • 相場の確認方法
  • 売却のタイミングはいつが良いのか?
  • 売却体験談

を紹介します。

不動産査定に関しては、一括査定をオススメします。

複数の不動産会社から査定をしてもらうことで比較が容易にできるからです。

不動産会社によっては、

    地域密着であったり

  • 強い地域
  • 弱い地域
  • 強化している地域

など様々です。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

ソニー不動産

★★★★★ 【手厚いサポート】【首都圏のみ対応】

ソニー不動産

福岡の不動産査定・相場

近隣の動向や売買実績を確認することで、イメージもわきやすいでしょう。

福岡の基準地価はこんな感じ
福岡の不動産査定

詳細な地域を見てみると
福岡 不動産査定

参考:福岡の公示地価マップ
>>自宅の詳細な相場確認はココ

福岡の不動産ニュース

福岡市、天神地区では,アジアの拠点都市としての役割・機能を高め,新たな空間と雇用を創出するプロジェクト“天神ビッグバン”を推進しています!

国家戦略特区による航空法の高さ制限の特例承認をトリガーに、ビル容積率の緩和など市独自の施策を展開し、今後10年間で30棟のビル建て替えを誘導するプロジェクト。

広さは1.7倍、働く人は2.4倍に。
8,500億円の経済波及効果を見込んでいます。

そこで、天神ビッグバンがらみの開発のニュースをピックアップしました。

不動産査定 天神

福岡の不動産市場は活況!

九大跡地開発と天神ビッグバンがけん引。福岡初の億ションも登場し、東京・中国の投資マネーも流入。

不動産サービス大手のCBREが2018年12月13日に発表した福岡の賃貸市場調査によると、圧倒的な貸し手市場になっており、直近9月期の福岡主要オフィスエリアの空室率は、6月期から横ばいの0.5%と依然として低水準で推移している。

IT系企業を中心に福岡への新規開設、郊外エリアからの転入など、2次空室の発生しない純増のオフィス需要が活況となっている。短期間でテナントが決定するケースが目立ち、貸主には、多方面から有益な引き合いに関する情報が集まるという、悩ましい状況にある。

想定成約賃料は、前期から3.6%上昇して1坪当たり1万4480円(共益費込)である。新規募集賃料も上昇トレンドが続いており、各エリアとも、新規の空室が出た場合は、賃料相場を上回る募集が相次いでいるほか、貸主からの増額改定交渉も増えている。

昨年11月竣工の「博多祇園NKビル」は満室稼働しており、2019年1月竣工の「南日本博多ビル」、2月竣工予定の「第1明星ビル」もほぼ満室稼働となる見込みだ。活況な需要は続くと推測され、周辺エリアにも賃料の引き上げが波及すると予想している。
引用;健美家

不動産査定 福岡市

「天神ビッグバン」活用で高級ホテルが次々進出

不動産大手であるヒューリックは、同社が所有する福岡市・天神のオフィスビル「ヒューリック福岡ビル」を、高級ホテルを核とした大型複合商業ビルに建て替えることを明らかにした。

同ビルは明治通りに面し、福岡パルコ新館や新天町商店街と隣接する一等地。敷地面積は1450平方メートルで、現在は築59年のビル(高さ31メートル・9階建て)が建ち、ドラッグストアや企業が入っている。このたびの建て替えにより、航空法に基づく高さ規制を最大115メートル(26階建て相当)まで緩和する、同市の再開発促進事業「天神ビッグバン」を活用。2024年12月に完成させる予定だ。

福岡市が推進する「天神ビッグバン」とは、アジアの拠点都市としての役割・機能を高め、新たな空間と雇用を創出する天神地区のプロジェクトだ。これにより、天神地区は付加価値の高いビルへの建替えなどがスピード感をもって進み、ビジネスやショッピング・憩いをはじめ、人・モノ・コトが交流する新たな空間を創出。また、今まで以上に多くの人が活躍する一方で、過度に自動車に依存しない「ひとを中心とした歩いて出かけたくなるまち」に生まれ変わることを目的としている。
引用:ホテリエ

福岡・天神の「イムズ」営業終了へ 再開発で建て替え

三菱地所は9日、福岡市・天神地区で運営する商業施設「イムズ」の営業を2021年度中に終了すると発表した。福岡市による再開発構想「天神ビッグバン」で周辺の開発が進むことを踏まえ、ビルを建て替えて新しい街づくりにつなげたい、としている。
 営業終了の具体的な時期は今後、テナントや関係者と調整して詰める。計画の詳細は未定だが、2022年度中に建て替え工事に入りたい考え。
 ただ、イムズは「天神ビッグバン」で認められている高さ制限の緩和区域内ではない。現状では建て替えても現在の高さ約66メートルとほとんど変わらない。このため今後、制限緩和について、福岡市などと調整を進めていく、という。
 イムズは1989年4月に開業。地下4階、地上14階建てで、延べ床面積は約4万5千平方メートルになる。外壁には有田焼のタイルを使い、館内には全国的に珍しいらせん階段状の「スパイラルエスカレーター」を設置していた。「情報文化の発信基地」をうたい、現在は紀伊国屋書店や雑貨店のほか、英会話や料理の教室など計約130店が入る。
 「天神ビッグバン」を巡っては、旧大名小跡地で高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」が入るビルの開発が進んでいる。また、西日本鉄道がイムズ北側に建つ福岡ビル、天神コア、天神ビブレの3棟を一体開発する計画を昨年夏に発表した。福岡地所もオフィスビルの建設を進めている。
引用:朝日新聞

博多駅周辺 再開発促す、福岡市が規制緩和 ハブ機能強化

JR博多駅(同市博多区)の周辺地区の再開発を促す政策を発表した。「博多コネクティッド」と称し、福岡空港や天神地区、博多港などウオーターフロント(WF)地区を結ぶ「ハブ機能」を強化する。規制緩和で老朽ビルの建て替えを促し、交通機能向上で回遊性を高め、にぎわいを創出する。

規制緩和の対象は博多駅から半径約500メートル、広さ約80ヘクタールのエリア。1975年以前に建てられた6階建て以上、延べ床面積3000平方メートル以上のビルが20棟程度あるとみられ、耐震性など防災機能向上が急務だった。

建て替えを促すため、国家戦略特区による航空法の高さ制限緩和と市独自の容積率緩和策を組み合わせる。同エリアは地盤面から約50メートルの高さに制限されているが、避雷針の伸びる60メートル程まで緩和するよう国と個別案件ごとに調整する方針。建物のセットバックなどに応じて加算する容積率の緩和は今後詰める。
引用:日本経済新聞

天神ビッグバンによる、ビルの建て替えは街を変えるのは見えていますね。

福岡の地価はもちろん、経済にも寄与するとかんがえられます。

福岡の不動産査定:今住んでいる不動産を査定してみよう!

福岡の不動産相場は上昇傾向にあります。

今、売るつもりがない人こそ、

  • 所有の物件の現在の価値
  • 近隣の動向
  • 売買実績

を確認しておくことをおすすめします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

ソニー不動産

★★★★★ 【手厚いサポート】【首都圏のみ対応】

ソニー不動産

不動産売却 福岡市

▲ページトップに戻る