たまプラーザの不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

たまプラーザの不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

不動産査定 たまプラーザ

2010年、たまプラーザテラスが開業し、より人の流れが変わったたまプラーザ。

たまプラーザにはどんなイメージありますか?

  • マダム・ハイソ
  • 金妻:金曜日の妻たちへ
  • 緑が多い
  • 治安がいい

など、いろいろなイメージがあると思います。

今回は、そのたまプラーザでの不動産査定方法、ポイントを紹介します。

査定のポイント

たまプラーザの不動産査定を行う上での

  • 相場の確認方法
  • 売却のタイミングはいつが良いのか?
  • 売却体験談

を紹介します。

不動産査定に関して、まず知っておかないといけないことは不動産会社によっては、強味が違うということです。

  • 地元に強い
  • ハイクラス不動産に強い
  • 賃貸に強い・分譲に強い
  • 毎月、強化している地域が変わる

など様々だということです。
よって、一括査定で広めに査定しておくことをお勧めします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

たまプラーザの不動産査定・相場

近隣の動向や売買実績を確認することで、イメージもわきやすいでしょう。

たまプラーザの基準地価はこんな感じ
基準地価 たまプラーザ

詳細な地域を見てみると
不動産査定 たまプラーザ
参考:たまプラーザの公示地価マップ
>>自宅の詳細な相場確認はココ

たまプラーザの不動産ニュース

ラッシュがなくなれば相場も変わる?

2018年10月下旬、東京都と神奈川県を結ぶ大手私鉄の東急が、次のようなことを発表した。それは、東急田園都市線のたまプラーザ駅から渋谷駅に向けて、「ハイグレード通勤バス」を運行させる実証実験をするというもの。

同沿線といえば、通勤ラッシュ時の混雑率は相当なもので、それが乗客同士のトラブルに発展したり、遅延の原因になっている。

ハイグレード通勤バスは、これを回避するのが狙いで、Wi-Fiやトイレを完備した24人乗りのバスを平日朝の時間帯に運行することで混雑に煩わされることなく、移動中に仕事などができる空間を確保するなど、快適な通勤サービスを提供する。

田園都市線たまプラーザ駅~渋谷駅間の通勤定期券を持つ人が実験の対象者になるようだ。

渋谷区の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時・体験談

田園都市線をはじめ東急沿線の街には戸建てやマンションがたくさんあり、多世代が居を構えている。住宅ニーズが期待できることから、収益物件を持つ不動産オーナーも少なくはない。

ところが、今後は地域住民の高齢化や少子化に伴う人口減、近年は職住近接のニーズも高まっていて、引っ越しによる人口流出など、エリアの持続性に課題が生じているのは周知の通りだ。

そういった点で、MaaS事業の施策は地域の利便性向上に寄与するだろうし、人口減に歯止めをかけられるかもしれない。不動産投資家にとっても悪い話ではないだろう。

引用;健美家

不動産査定 たまプラーザ

たまプラーザのマンションにエリマネ施設

東京急行電鉄(株)は10月11日に、分譲マンション「ドレッセWISEたまプラーザ」(横浜市青葉区、総戸数278戸)の低層部に、地域利便施設「CO-NIWAたまプラーザ」を開業する。

横浜の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

 「コミュニティ・リビング」を具現化する施設として開発。コミュニティカフェ、保育園・学童保育、コワーキングスペースなどのほか、共用スペース“コミュニティ・コア”、貫通広場や店舗前テラスなどの機能を備える。

 9月6日には、同施設の入居テナント、ドレッセWISEたまプラーザ管理組合、東急電鉄で構成する(一社)ドレッセWISEたまプラーザエリアマネジメンツを設立。同施設を活動拠点にして、エリアマネジメント活動を企画・運営し、住民交流を促進してコミュニティ形成やまちの回遊性向上を推進する。

 今後は周辺のさまざまな地域団体の活動と連携したイベントや情報発信などを行ない、地域の課題解決や魅力向上も図りながら、良好な住環境とコミュニティの持続・再生を実現する郊外住宅地の実現を目指す。
引用;不動産流通研究所

不動産売却 たまプラーザ

東急、田園都市線たまプラーザ駅周辺に分譲マンション300戸

東京急行電鉄は田園都市線沿線の都市開発に力を入れる。たまプラーザ駅(横浜市)の北側の美しが丘地区で多世代対応の分譲マンション300戸弱を整備する。保育所やシェアオフィスなども設け、地元住民や企業が一体となってにぎわいを創出する。東急は今後の沿線開発のモデル事業と位置付ける。

東急と横浜市が12年から結んでいる「次世代郊外まちづくりの推進に関する協定」を更新し、4日に新たな事業構想を発表した。新たな協定期間は22年3月までの5年間。市は土地の用途緩和などで開発を支援する。

都市開発「美しが丘1丁目計画」では地上10階・地下1階建ての分譲マンション3棟(計278戸)を建設する。土地は日本生命の社宅跡地で、現在は東急が保有している。延べ床面積は約1万平方メートル。16年12月に着工しており、18年度中の完成を目指す。総投資額は明らかにしていない。

中層階以上を住宅とし、様々な広さや間取りの部屋を用意する予定。ファミリー層や高齢者夫婦、一人暮らしなど多様な世帯構成に対応する。

低層階には地域との「協働スペース」を設ける。保育所やオープンスペース、店舗などの「地域利便施設」が入居するほか、周辺住民も利用できるカフェやオフィスのスペースも設置。店舗運営に地元企業の参加を促し、地域一体でにぎわいを創出する。

高齢者の住み替えと若い世代の流入促進も街づくりの柱だ。たまプラーザ駅北側のたまプラーザ団地は築50年に迫り、居住者の高齢化も進んでいる。買い物や行政サービスなどの利用に便利な駅周辺への移住希望者も多い。

移住希望者には東急がたまプラーザ駅などで運営する住み替え相談窓口「住まいと暮らしのコンシェルジュ」を紹介。美しが丘の物件も含めて移住先を提案する。同駅周辺は若い世代にも人気が高いため、高齢世帯とともに若者世帯の呼び込みも狙う。

東急は4月下旬に美しが丘地区でセミナーやワークショップなどを開ける拠点もオープンする。こうした街づくりを定住促進につなげるとともに、将来は田園都市線沿線の他地域でも同様の街づくりを検討する。
引用;nikkei

たまプラーザの不動産査定:今住んでいる不動産を査定してみよう!

たまプラーザの不動産相場は上昇傾向です。

今、売るつもりがない人こそ、

  • 所有の物件の現在の価値
  • 近隣の動向
  • 売買実績

を確認しておくことをおすすめします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

▲ページトップに戻る