二子玉川の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

二子玉川の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

不動産査定 二子玉川

住みたい街ランキング2019で17位の二子玉川。

セレブ、オシャレなイメージがあり、学生の街という感じではないかもしれません。

商店街というよりは、玉川高島屋S・C、二子玉川ライズなどの百貨店・商業施設なのでデートで行きたい街とも言えるかもしれません。

今回は、その二子玉川での不動産査定方法、ポイントを紹介します。

査定のポイント

二子玉川の不動産査定を行う上での

  • 相場の確認方法
  • 売却のタイミングはいつが良いのか?
  • 売却体験談

を紹介します。

不動産査定に関して、まず知っておかないといけないことは不動産会社によっては、強味が違うということです。

  • 地場・地元に強い
  • ハイクラス層に不動産に強い
  • 賃貸マンションに強い・分譲マンションに強い
  • 毎月、強化している地域が変わる

など様々だということです。
よって、一括査定で広めに査定しておくことをお勧めします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

二子玉川の不動産査定・相場

近隣の動向や売買実績を確認することで、イメージもわきやすいでしょう。

二子玉川の基準地価は上昇傾向です
基準地価 二子玉川

詳細な地域を見てみると
不動産査定 二子玉川

参考:二子玉川の公示地価マップ
>>自宅の詳細な相場確認はココ

二子玉川の不動産ニュース

二子玉川ライズ/2017年度売上は過去最高、来館者3168万人

東京急行電鉄と東急不動産が運営する「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」は、2017年度(2017年4月~2018年3月)における全館を通じた売上・来館者数が、全館グランドオープンした2015年度以降、2年連続で過去最高を記録した。
2017年度のテラスマーケットを含めた全館の売上は412.7億円(前年比2.2%増)、来館者数は3168万人(1.5%増)となった。

2011年春に開業したタウンフロントを中心にMDを見直し、注目の新店舗を多数誘致したことや、2015年春にグランドオープンしたテラスマーケットなどの好調が続いていることで、売上・来館者数を伸した。
さらに、年間約230件におよぶ「二子玉川」らしい多彩なイベントを、数多く開催し、集客だけでなく施設全体のブランド力向上に寄与したと分析している。

今後も買い物による“モノ消費”だけでなく、ここでしかできない体験を通じた“コト消費”も生み出す施設として、近隣施設や街の方々と手をたずさえて二子玉川エリアの魅力を高め、東急線沿線の価値向上に努める。

引用;流通ニュース

不動産査定 二子玉川

セレブな街・二子玉川が、昔どんな街だったか知っていますか?

二子玉川というと、今はマツコ・デラックスも嫌うほどのセレブな街として、全国的にも有名である。1969年に日本初の郊外型ショッピングセンターといわれる玉川高島屋が開業して以来、東急田園都市線の一大商業拠点となり、近年はオフィス街、タワーマンション街としても発展している。たしかにファッション雑誌から抜け出てきたかのような美しい女性が多い。

 しかし、この二子玉川、昔は多摩川沿いの行楽地であり、料亭、旅館など十数軒が並ぶ三業地もあった。なかでも1918年に開業した水光亭は二子玉川を代表する料理屋旅館であった。図面を見ると2階建てで20部屋ほどもある大規模な建物である。庭も広く、映画の撮影にも使われた。敷地の北西には別館もあったが、これは三菱の岩崎家の所有であったものが、この地へ移築され、藤田という人の所有になっていたが、これを水光亭が借用したという。

歴史をさかのぼると、多摩川は江戸時代には鮎漁が盛んであり、人々は漁を見物しながら川辺で遊ぶというスタイルで行楽を楽しんだらしい。それが明治末期以降、行楽地として発展したのである。発展に寄与したのは渋谷から二子玉川までの玉川電気鉄道の敷設(1907年)である。鉄道開業までは亀屋という料理屋が一軒あるだけだったらしいが、開業後は十数軒に増えた。

渋谷区の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時・体験談

 また沿線における会社員、軍人、官吏などの中流階級の増大も発展に寄与した。彼らは家族とともに日曜日に休むというライフスタイルを持っていたため、自然の豊かな郊外の二子玉川も行楽地として人気を得た。

 1909年には、玉川電気鉄道は玉川村瀬田の地主から7000坪の土地を借り入れて遊園地を開業した(「玉川第一遊園地」という)。この遊園地には、川沿いの田んぼを整備してつくった菖蒲園があり、小鳥、猿、鹿などの動物がいたらしい。河原には兵庫島という小さな島が今もあるが、ここも散策路として整備された。都会の仕事で疲れる中流階級たちが、自然の中でリラックスする場所だったのであろう。

 この遊園地は、経営を1913年から17年までは浅草の花屋敷の経営者である大瀧勝三郎に委ねた。大滝は自然散策型だった遊園地をより娯楽的なものに変えていった。清水の舞台を模した「玉川閣」など十数棟の建物(今風に言うとパビリオン)を建て、そこに演芸場もつくった。それらの建物は1914年の東京大正博覧会で使用されたものを移築したものだ。また玉川閣は、演芸のない日には料理屋から料理を取り寄せて貸席としても使われたという。

 1918年には二子玉川駅から遊園地までの道沿いに、桜の木が百数十本植えられた。また児童用の遊具が設置され、グラウンドがつくられて青少年の運動会も行われるなど、遊園地全体が子ども向けに整備されていった。21年には遊園地内ばかりか兵庫島、多摩川沿岸でイルミネーションを設置したというから、なかなかモダンな遊園地になっていったのである。

引用;ビジネスジャーナル

二子玉川の不動産査定:今住んでいる不動産を査定してみよう!

二子玉川の不動産相場は上昇傾向です。

今、売るつもりがない人こそ、

  • 所有の物件の現在の価値
  • 近隣の動向
  • 売買実績

を確認しておくことをおすすめします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

不動産売却 二子玉川

▲ページトップに戻る