築年数とマンション査定の関係

マンション査定にはマンションの築年数が大きく関係してきます。
一戸建ての住宅の場合も関係してくるのですが、大体一戸建ては15年ほど経過しますともう住宅そのものの価値がなくなるのです。
しかし土地は築年数により値下がりするというものではありませんのでその後は地価が大きく査定額に影響します。
マンションの場合も土地を一部権利を持っていますので地価も関係してくるのですがマンションの価格のうちの大部分は建物ですので築年数が長くなればなるほどにマンション査定額も下がっていくのです。
築年数 マンション査定

地価が変動しなかったという前提で考えますと大体一年でマンションの購入額の7割程度の価格になります。
たった一年で三割分の価値が下がってしまったということなのです。
ですのでもしもマンション査定をして売却をしたいと考えるのでしたらできるだけ5年以内に売るようにしてください。
10年以上にもなりますと特別な地域以外でしたらあまりいい額は望めません。

築年数とマンション査定の関係
中古マンション査定@マンション高く売る・相場を知るには トップページへ

▲ページトップに戻る