1. TOP
  2. 不動産査定を受ける際の費用について

不動産査定を受ける際の費用について

不動産査定の費用

自己所有のマンション・不動産物件を売却するときは、初めに不動産会社や買取業者に依頼して不動産査定を受けることになります。不動産査定は一つの会社に依頼するだけでなく複数の会社に依頼して、より高い査定額を付けたところを選ぶという方法が一般的です。

不動産査定 費用

しかし初めて不動産売却を行う方は、マンション査定や売却にかかる費用、売却の手順などで分からない点が多いでしょう。

不動産査定に関しては何社に依頼しても費用が発生することはありませんから、安心して査定を受けるといいでしょう。ほとんどの会社が無料で査定を行っていますが、念のため依頼する前に確認しておくことをおすすめします。

査定額の結果や対応の良さなどで不動産会社を決めたら、売買を成立させるために媒介契約を結びます。媒介契約とは不動産を売りたい方と不動産会社との間で締結する契約のことで、契約書には販売価格や仲介手数料、物件に関することなどが記載されています。

媒介契約を結ぶ時点で費用が発生することはなく、買主が見つかって売買契約を結ぶときに仲介手数料が発生します。

そのため複数の不動産会社と媒介契約を結んでも費用面での負担はありませんから、早く売却したい方は一般媒介契約を選ぶというのも有効な手段と言えるでしょう。

マンション査定するなら

ソニー不動産
ソニー不動産

HOME4U
NTTデータの不動産査定サイト【HOME4U】
NTT不動産売却

HOME4U
マンションnavi
マンションnavi

マンションnavi
不動産査定をする前に知るべき注意点

不動産査定をする時の注意点は数多くあります。
まず、不動産会社の選び方にも注意が必要です。不動産会社は、取り扱う物件の種類やそのポリシーなどによって得意不得意はもちろん、物件の査定にも違いが出てきます。査定を行う前に、それらについて調べ、不動産会社に対する知識を養っておくことが大事です。

そして、不動産査定の結果が出たら、その理由を知りましょう。

不動産査定 注意点

意外な所や、すぐに改善できるような箇所で査定額が下がっていることもあるのです。完全に担当者任せにはしないようにしましょう。

また、査定結果を出した担当者の能力も見ておくべきです。新人社員とベテランの社員では、当然査定額に違いが出ますし、その信頼度も変わります。この判断を下すことは非常に難しいですが、訪問査定の判断基準や、その途中の会話などで判断すると良いです。

最後に、一か所の不動産だけで満足しないことが大事です。多少の手間にはなりますが、数多くの不動産に見てもらうのが良いです。そして、簡易査定はあくまで目安とし、訪問査定を重視して考えましょう。

しかし、不動産査定はあくまで査定なのです。実際に売れた価格はこれとは異なり、安くなってしまう場合もあります。この点は見落としがちなポイントであるため、特に注意しておくと良いでしょう。