1. TOP
  2. 一般媒介契約とは?専任媒介契約とは?

一般媒介契約とは?専任媒介契約とは?

マンション査定 一般媒介契約

マンション査定を受けて販売を業者に任せる場合、一般媒介契約という方法で依頼することができます。

この媒介契約のメリットとしては同時に複数の業者に依頼できることです。

その他にも契約方法として専任媒介や専属専任媒介がありますが、こちらの方ですと一社のみとしか契約をすることはできません。その点、一般媒介契約なら複数社に頼める為に幅広く宣伝をしてもらえ、より多くの人の目に触れる可能性があるのです。

一般媒介契約

ただしデメリットもあります。

まず複数業者に頼んだ場合、購入の契約を取れたところにしか手数料が入らない為、あまり本腰を入れてくれない可能性があることです。

要は販売活動をしてもほかの業者に取られてしまったら意味がありませんから、それゆえに販売に力を入れてくれず売れ難くなってしまうこともあります。

多くの業者に宣伝をしてもらうことで物件の価値が低く見られる可能性あるのもデメリットです。

沢山の業者が扱っていると売れ難いマンションと見られることもある為、却って多くの業者が取り扱っていることがハンデになってしまうことがあります。

このようにメリットだけでなくデメリットもありますので、マンション査定後の媒介契約はよく考えて行うようにした方が良いでしょう。

マンション査定するなら

ソニー不動産
ソニー不動産

HOME4U
NTTデータの不動産査定サイト【HOME4U】
NTT不動産売却

HOME4U
マンションnavi
マンションnavi

マンションnavi
専任媒介契約がいいの?

自宅を売却する場合は、いくつかの方法があります。

その中の一つが専任媒介契約です。専任媒介契約はおすすめの売却法です。

専任なので一つの業者だけに依頼することになります。

専任媒介契約

複数の業者に依頼した方が高く売れそうですが、専任触媒契約は確実に売却できる点がおすすめです。

この契約と反対のものに一般触媒契約があります。一般触媒契約の場合は複数の不動産業者と契約することになります。

この場合は当然のことですが、売却を担当した会社のみに報酬が入ります。

それ以外の会社には入らないので、家を売るための営業に力を入れない会社もあります。

他の会社が売却する可能性もあり、100%自社の利益にならないので営業に熱心に取り組みません。専任媒介契約だったら、売れた場合は100%自社の利益になるので、どの不動産会社も営業に力を入れるようになります。

この他に専属専任媒介契約もあります。これは専任媒介契約をさらに厳密にしたものです。

この契約を結んだ場合は、家の売主は自分で家を買う人を見つけることはできません。必ず不動産会社を通して、交渉しなければなりません。専任媒介だったら、家を買いたい人と自分で直接交渉することができるので、有利になります。

専属専任媒介契約とは

マンションを売却するにあたって、あらかじめ不動産会社に購入希望者との仲介を依頼するのが、媒介契約と呼ばれているものです。

このような媒介契約には、宅地建物取引業法にもとづくいくつかのタイプが定められており、目的によって使い分けることができるようになっています。

専属専任媒介契約

そのなかでも、専属専任媒介契約というのは、文字どおり、特定の不動産会社だけに仲介を依頼するというもので、他のタイプにくらべると、もっとも拘束力の高い契約内容となっています。

専属専任媒介契約の場合には、親戚や友人などから依頼主が購入希望者を見つけたとしても、勝手に売買契約を結ぶことは許されておらず、かならず不動産会社を通さなければならないことになっています。

このようなことから、依頼主としても自由が制約される反面、不動産会社の側にとってみると、購入希望者が見つかれば、かならず手数料収入が得られるため、他の物件よりも真剣に広告宣伝などに努める傾向があるというのがポイントです。

複数の不動産会社と契約を結んで、より有利な条件の顧客と売買契約を結びたいのであれば、一般媒介契約という、違ったタイプの媒介契約にすることがポイントといえますが、信頼できる不動産会社にすべてまかせたいというのであれば、むしろ専属専任媒介契約にしておくほうがよいことが多いといえます。