1. TOP
  2. マンション売却は空き家になる前に

マンション売却は空き家になる前に

中古マンション 空き家

マンション売却をするタイミングはいつが良いのかというと、空き家になる前の方が良いです。

例えば親の名義のマンション売却をしようと検討することは多いようです。

親が介護施設に入所して住まなくなった場合、できるだけ早く売却をするべきでしょう。

マンション 空き家状態

というのも、居住用の不動産と、そうではない不動産とでは、税制面で大きな違いがあるからです。居住用財産を譲渡した場合に、譲渡所得に対して3000万円までなら課税されません。

居住用であるかどうかと言うのは、住まなくなった日から3年目の12月31日までとなっています。3000万円という大きな金額の控除がありますから、税額に大きな違いがあると言えるでしょう。

譲渡所得で3000万円を手に入れることはあまりないですから、居住用財産と見なされれば、税金がかかるケースは少ないです。空き家になって長い間放置していると、この控除を受けることができなくなりますから、その前のほうが良いのです。

居住用財産 税金

いずれはマンション売却をすると思っているのなら、特例を受けることができる間に売却してしまうようにスケジュールを立てるのが良いです。この制度を「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」と呼びます。

マンション査定するなら

ソニー不動産
ソニー不動産

HOME4U
NTTデータの不動産査定サイト【HOME4U】
NTT不動産売却

HOME4U
マンションnavi
マンションnavi

マンションnavi
マンションの査定と階数に関連する大切な内容

マンションの査定を受けるような場面では、階数が査定額に影響することが一般的です。通常では新築物件としてマンションを売り出す際には、その多くの物件で上の階数の方が高く販売されているものを見ることができます。

特に20階以上もの規模を持った高層マンションの場合では、最上階が最も高い物件として販売されていることも基本になり、一般的には高い階層の方が高い価値を持っていることになります。査定を受ける際にも基本は同じことが当てはまりますが、物件によっては異なる取り扱いが行われる可能性もあるので、注意が必要です。

例えば中規模の物件の場合ではエレベーターが完備されていない場合もあります。このような物件の場合では低層階の方が価値が高くなる可能性もあります。

また、高層階でも近くに高速道路や鉄道の線路などがあるような環境では、騒音問題が起きてしまったり、窓から見た風景が隣接する建物で遮られているような室内の場合では、高い階層でも価値が高くなることがないというケースもあるので、周囲の環境と合わせて査定を行うことも基本です。

普通のマンションであれば、階数が上がる度に価値が高まるとされているので、有利に売却を行うことができますが、低層階でもそれなりの需要を見込むことはできるので、優れた不動産会社に依頼を行う方法で、マンションの価値を大きく下げずに売却することは可能です。

関連ページ;高層マンション査定について