1. TOP
  2. 高層マンション:タワーマンション査定のテクニックまとめ

高層マンション:タワーマンション査定のテクニックまとめ

タワーマンションを高く売るテクニック

都心に立地している超高層のタワーマンションは、眺望もよいことから多くの人から好まれており、中古であっても高い価格で取引されている物件が多くなっています。


タワーマンションの販売元
は、付加価値を高めるために、眺めがよい立地を選択して建設をしていることが多くなっています。

タワーマンションを高く売るテクニック

一度購入したタワーマンションの売買査定を高く維持するためには、販売当初の眺望を維持していくことが重要になるでしょう。

販売元が売却をしている時点で眺望が良くても、将来、近くに同じようなタワーマンションが建設されてしまうと、眺めが悪くなってしまい、査定の価格も下がってしますことになるので、タワーマンションを高く売るためには、初期の購入段階から、周辺の土地の状況に注意しておくことが必要になります。

超高層のタワーマンション

公共用地は河川など、将来的にも建物が建設される可能性がとても低いような場所のものであれば、将来的にも高い査定価格を維持することができるでしょう。

所有している高層マンションをさらに高く売るためのテクニックとしては、周辺に同様の高さの建物が新築されているような時期を避けることが必要となります。

競合する新築マンションがあると、中古マンションとしては分が悪いでしょう。

マンション査定するなら

ソニー不動産
ソニー不動産

HOME4U
NTTデータの不動産査定サイト【HOME4U】
NTT不動産売却

HOME4U
マンションnavi
マンションnavi

マンションnavi

タワーマンション査定

タワーマンションを売る場合にはさまざまな注意しておかなければならない注意点があります。

まず、同じタワーマンションに住んでいる人が同じタイミングで物件を売ろうとしている場合です。
タワーマンション 売る
そうなった時には、他の居住者の売る金額を考える必要があり、自分の希望金額よりも安い値段で売らなければいけない事があるからです。

なのでこうならないためにも、タワーマンションを売る時には管理会社に近々引っ越しを行う人がいるのかどうかを確認しておき、同じタイミングでいた時には売る時期を少しずらしておく事が重要です。

続いて、こだわりの間取りになっている時には出来る限り早めに売る事です。

近年ではさまざまなオプション品をマンションの中に設置できるようになりましたが、こういったこだわりに関しては、自分が住んでいる時は理想の生活をもたらしてくれるのでいいのですが、いざこれを売ろうとするとかえって万人受けをしない(欠点が多い)物件となってしまいますので、早めに売る方が得です。

最後に、タワーマンションの売却経験が豊富な不動産業者に頼む事です。

タワーマンションの売却や実績が豊富な業者に任せる事によって宣伝がスムーズに進み、売れる確率がものすごく上がるからです。

タワーマンションは高く売れる?

タワーマンションを何年か前に購入したという人の中には、これからライフスタイルが変化する事によって、それの売却を考えているという方もあるかもしれません。

タワーマンションはここ数年で人気も高いタイプのマンションなので、高く売れる事が多いものですが、その際には、耐震性の良さをしっかりとアピールしておくと良いでしょう。

日本は地震大国とも世界的に言われているため、やはり高い建物だと万が一の際にどうしようという気持ちを持つ方もいるからです。
タワーマンション査定
しかしながら、最近のタワーマンションはむしろ普通の建物よりも耐震性に優れている事が圧倒的に多いため、災害時にもむしろ安全だというケースさえ多いのです。

タワーマンションには高級マンションのタイプも多いので、管理費が結構掛かる事もあり、それがネックとなって購入を諦めようかという人もあると言います。

しかし、売却を考えている時にはそれだけしっかりと管理されている事を表し、いかに快適に住まう事が出来るマンションなのかをしっかりと伝えてみましょう。

実際にそこに住んでいた人の意見は大きな検討材料になるものですし、それならこれぐらいの値段も仕方ないと納得をして貰う事に繋がるはずです。

高層マンション査定

マンションの売却においては、一般的な規模に関してはよく耳にすることがありますが、市場的には小さいものの、高い人気が集まるものとして高層マンションがあります。
高層マンション査定
高層マンションは非常に人気が高く、特に、首都圏においては売りに出した場合にはすぐに売り切れることも多く、値崩れも少ないことから高値での取引となっています。

但し、高層マンションを売る場合にはポイントを抑えた上で行う必要があります。

内容としては、大きく2つを上げることができ、まず、売るタイミングがあります。

例えば、20階に住んでいた場合に評価からみて3,000万円が希望価格だとしても、同じタイミングで30階が3,000万円で売りに出されてしまえば、売却をすることが難しくなってしまいます。

そのために、売却を計画している場合には、管理会社のスタッフから、事前に他の売却情報を入手する必要があり、同じ時期になるようであれば、少しずらして売却を行う必要があります。

2つ目としては、不動産業者の選定を上げることができます。
不動産業者 選定
ここでは、信頼できる不動産会社に依頼をすることが重要になり、方法としては、まず、大手不動産会社が開発をしたものであれば、その不動産会社に依頼をした方が良い結果につなげることができます。

次に、高層マンションの売却に経験が豊富な不動産会社を選ぶ必要があります。

経験のある業者に任せることで宣伝や販売活動もスムースに行うことができ、効果的な宣伝もしてくれるために、多くの内覧者や見学者を集めることができるようになります。

場合によっては、短期間で希望額に上乗せされた金額で売却できる可能性もあります。

高層マンションは高く売るテクニック

マンションには高層マンションがあるのですが、これは基本的に高く売れる物件になります。物件は立地さえよければ高額で売れるのですが、既に高層マンションを所有している人は立地を変更するのは困難です。
高層マンション 売却
現実的に高く売る方法として高層マンションの状態をキレイにする手段があります。仲介などを利用して売りに出すときには、購入希望者が内覧をするのです。

その時に中をキレイにしておくとそれだけで評価が上がります。また売りに出す時の不動産の評価額についてもコンディションが良ければ上昇を期待できるのです。

駐車場を完備している場合はここも掃除をしておくといいでしょう。マンションの中庭などには木々を植えているところもありますが、このような木々も剪定して綺麗に整えておくと見た目が良くなります。

その他の高く売れる要素としては環境も大きく関わっており、例えば緑が豊富にあり閑静な住宅地だと高評価をしてくれるのです。騒がしくなく快適に生活できるため、子供のいる家庭などにとってはかなり需要があります。

ファミリー層の入居率も高くなるため、このような部分のマンション査定の評価に繋がるのです。売りに出すときにはこれらのことを頭に入れておきましょう。

高層マンションのメリット・デメリット

高層マンションの最大のメリットは眺望が良いことです。さらに風通しの良い部屋は夏は涼しくて冬は暖かいので冷暖房費が節約できること、虫が入って来ないこと、建物が頑丈に作られているため地震による損傷を受けにくくてマンションの資産価値の目減りが少ないというメリットがあります。
マンション 資産価値
1995年に発生した阪神大震災では神戸にある高層マンションの建物被害は皆無であったほどです。一方、高層マンションのデメリットは通勤通学時間帯のエレベーターが混雑して移動に時間がかかること、外壁に布団を干せない場合があること、免震構造でなければ地震が発生したら揺れが増幅されて低い場所よりも大きく揺れることです。

意外と気が付きにくいデメリットとして、高層マンションは建物の維持メンテナンスにお金がかかるため毎月の管理費が低中層マンションよりも高額になる傾向があるということです。
高層マンション 管理費
高層階部分は外壁の補修工事の費用が高価ですし、エレベーターのメンテナンスにもお金がかかるからです。立地条件にもよりますが高層階部分では携帯電話の電波が入って来ない部屋があり、高層階の人のためにアンテナを設置しようとすると数千万~1億円もの追加費用がかかってしまうようなケースが存在します。但し、デメリットは一律に全ての高層マンションに共通するものではありませんし、購入時に注意していれば避けることができます。

関連記事:マンション内覧における抑えておく3つのこと