世田谷区の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時・体験談

世田谷区の不動産査定

今、個人的に注目しているのが世田谷区。

世田谷区といえば、高級住宅街や住みたい街ランキングでも上位にランクされる街がある23区でも人気の区ですが、この世田谷区がなんとなく怪しい雰囲気になっています。

そこで、世田谷区の不動産査定を行う上での

  • 相場の確認方法
  • 売却のタイミングはいつが良いのか?
  • 売却体験談

を紹介します。

査定のポイント

不動産査定に関しては、一括査定をオススメします。

複数の不動産会社から査定をしてもらうことで比較が容易にできるからです。

会社によっては、

  • 強い地域
  • 弱い地域
  • 強化している地域

など様々です。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

世田谷区の不動産査定・相場

不動産を満足のいく形で売却するためには、世田谷区の不動産市況・相場をしっかり確認しておくことが必要です。

現状を不動産相場を簡単に説明すると、さらに上昇するための調整中というところで、需給関係で言えば供給が少ない状況です。

世田谷区の不動産査定

詳細な地域を見てみると
世田谷区 不動産
参考:世田谷区の公示地価マップ
>>自宅の詳細な相場確認はココ

世田谷区の不動産査定に響きそうな2極分化・時代遅れ現象

こんな記事をみつけました。(ライブドアニュースより抜粋)

世田谷人気はもう時代遅れ…?「住みたい街」ランキングの真実 30代は「この街」を好む

世田谷、杉並、練馬といった西部「山の手」の凋落が始まっていると指摘する。

多くの人が住みたいと望むまちは、当然の結果として多くの人が移り住み、人口が増えるはずだ。

「住みたい区」トップの港区の人口増加率は2位。「住みたい区」3位の千代田区の人口増加率は1位。その一方で、「住みたい区」2位の世田谷区は人口増加率が15位。

家賃も物価も高い港区や千代田区なら、「住みたいけれど住めない」人が多いだろうと考えられるが、実態はそうなっていない。

蛇足になるが、「住みたいまち」と人口増加率が相関しないのは、23区に限った話ではない。

例えば、「住みたい自治体」の関東全体のランキングで、2017年まではトップ10入りし、2018年でも12位と高位を保っている鎌倉市は人口が減っている。

一度定着するとブランドは独り歩きを始める。
そうなると実態との間に合わない部分が生じてきても、イメージはなかなか修正されない。その代表が西部山の手人気、なかでも西部山の手の雄ともいえる世田谷人気だ。

2000年代前半の東京ウォーカーの『住みたい街ランキング』を見ると、トップを下北沢と三軒茶屋が争っていた。

下北沢の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

三軒茶屋の不動産査定はこちらから:相場確認・売り時を考える

1995年~2000年の世田谷区の人口増加率は23区中の5位。
1990年~1995年では、江戸川区と練馬区以外の21区で人口が減っていたが、世田谷区は減少率が低く、総合順位は4位。
このころまでの世田谷は、「住む」と「住みたい」が一致し、ブランドが実態を伴っていた。

都心区の人口が1990年代の後半から急増した背景には、都心に住むことによって通勤時間を短くし、余った時間を自分や家族のために使うという新たなライフスタイルの定着が存在している。
逆もまた真で、都心まで遠い世田谷や杉並や練馬は、ブランドは高くても敬遠される傾向が、徐々に始まり出している。

まちの将来のカギを握る30代の人口の直近5年間の増加率(杉並区を除く)は、千代田区が1位、港区が3位、中央区が4位。都心人口の増加は、30代がその中心を担っている。

それはとりもなおさず、通勤に時間をかけないという生活の実践者が、若い世代中心であることを意味する。
一方、世田谷区は30代の増加率が最下位。西部山の手ブランド、世田谷ブランドは、若いファミリー層にとってもはや過去のものへと化しつつある。

人口増減が、すべての不動産価値を左右するものではないが、
事実、世田谷区の駅から15分以上歩く場所の新築マンション、バスを利用する世田谷区内の新築マンションの需要が減っているという。

世田谷というブランドより、
駅から徒歩圏内、都心へのアクセスというニーズが表に出てきたということだろう。

  • 高齢化社会
  • 若者の車離れ

は、駅からの距離は死活問題になります。

また、多少家賃を払ってでも、通勤時間を減らして自分の時間が欲しいという思考もこれから今以上に資産価値・地価に反映されていくかもしれない。

とは言え、世田谷区のブランドは
池尻、経堂、駒沢、太子堂、三宿、豪徳寺、桜上水、松原、奥沢、上野毛、用賀、駒沢、駒沢公園、桜新町、玉川田園調布、等々力、野毛、深沢、砧、成城、祖師谷、南烏山・・・・など、バラエティに富んでいるため、すべての地域が下落するわけではなく、

二極分化という視点で世田谷区を見ておく方がいいのだろう。

世田谷区 不動産査定

世田谷区の不動産査定・売却相場

不動産を満足のいく形で売却するためには、世田谷区の不動産市況・相場をしっかり確認しておくことが必要です。

個人的には、半年に1回くらいはマンションの相場を確認するといいでしょう。

逆に、今、売るつもりがない人であっても、近隣の動向や売買実績を確認することは、特に世田谷区においては必要でしょう。

今住んでいる世田谷区の家(不動産)を査定してみよう!

世田谷区は、今後、上昇する地域は上昇し、今、下落していない地域でも下落し始めたらとことん下落する地域が出てきてもおかしくありません。

東京オリンピックを1年後に控えているため、まだまだ、その形が現実化することはないかもしれませんが、それも時間の問題です。

今、売るつもりがない人こそ、

  • 所有の物件の現在の価値
  • 近隣の動向
  • 売買実績

を確認しておくことをおすすめします。

↓↓↓ 自宅マンションの査定はこちらから ↓↓↓

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料一括査定申し込み。
住まいバリュー公式サイト
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定

世田谷区の施設・企業:不動産査定の基本

主な町

世田谷区の主要な町・土地は以下になります。

野沢 三宿 宮坂 若林 奥沢
尾山台 上野毛 玉川 玉川台 玉川田園調布
南烏山 八幡山
等々力 野毛 深沢 用賀 池尻
大原 北沢 豪徳寺 桜上水 代田
松原 宇奈根 大蔵 喜多見
池尻 上馬 経堂 駒沢 桜丘
三軒茶屋 下馬 世田谷 太子堂 弦巻
成城 祖師谷 千歳台 船橋 粕谷

世田谷区 不動産買取

世田谷区、主なスポット

長谷川町子美術館 本多劇場 キャロットタワー 二子玉川ライズ 玉川髙島屋S・C
砧公園 世田谷公園 馬事公苑 駒沢オリンピック公園 二子玉川公園


など

世田谷区、主な大学・学校

大学・短期大学
国士舘大学 日本体育大学 成城大学 昭和女子大学
日本大学 駒澤大学 東京都市大学世田谷キャンパス 東京農業大学 産業能率大学
高等学校
玉川聖学院高等部 佼成学園女子高等学校 大東学園高等学校 田園調布学園高等部 国士舘高等学校
東京学芸大学附属高等学校 筑波大学附属駒場高等学校 – 国本女子高等学校 恵泉女学園高等学校 世田谷学園高等学校


など

世田谷区、主な企業

アクリート 東邦ホールディングス ロイヤルホールディングス 楽天 いであ
内外テック ニッソウ ビューティガレージ ブリッジインターナショナル MUTOHホールディングス
水道機工 スタイライフ セック ソラコム 東急コミュニティー
ムロコーポレーション
SFPホールディングス オープンキューブ 岡谷電機産業 キーウェアソリューションズ コア

世田谷区 不動産売却

▲ページトップに戻る